歯にお困りの皆様に朗報!

Mingalarbar!

I.G.C.の人材紹介担当のAcrossでございます!
長らく…長らく…お待たせしてしまい大変申し訳ございません!!!
AcrossとPeegのミャンマーブログ再開させていただきます。

現在日本は猛暑、連日38度?! と伺っておりますが皆様体調はいかがでしょうか?
ミャンマーでは4月の水かけ祭りの気温がたしかそれくらいでしたね。
5月~10月ぐらいまでは雨季なので現在は気温が高くとも30度前後です。
水分補給をしっかりと、体調にはくれぐれもお気をつけください!

さて健康管理で思い出しましたが、ミャンマーのにお住まいの皆様は「歯」のケアをしっかりと行ってらっしゃいますでしょうか?と、いいながらも私は日本一時帰国時のみ歯医者に行っているので、頻繁にはチェックしておりません(笑)甘いコーヒーを飲んでいるので、時々歯が欠ける音が口内で響くこともあり、そろそろどこかで診て貰いなぁと思っていました。

最近は日系の病院も増え、生活が便利になってきましたね!
このまえお休みの日に街歩きをしていると、日本語の看板を発見。
ここは、チャイナタウンです!

よーく見ると歯医者じゃないですか!
「TOKYO Dental  Implant Clinic 歯科インプラントクリニック」
うわ日本語対応の歯医者が身近にあるなんて…飛び込みで、ちょっと様子を覗いてみよう~♪

ローカルの建物を階段で昇り2階、入り口はこんな感じです。


こんにちは~…。日曜日なので?誰もいませんでしたが、
日本の歯医者のように落ち着いた空間であり、リラックスできる環境です。
ミャンマー語しか通じない受付スタッフさんでしたが、何とかミャンマー語単語で説明して近くまで歯科医師さんが来ているとのことですので待っておりました!!!


爽やかで落ち着いたGentlman の Zayar Lin先生です!
先生は日本で数年医大で勉強、資格取得し日本語もお上手です!
お酒も好きです、日本酒…ビールがくるかな?と思ったところですが、即答で「梅酒!」
梅酒が好きなミャンマー人の方多いですね:)))

クリニックは、こちらチャイナタウンのLanmadawとNorth Dagonにあるとのことで、
Zayar 先生以外はミャンマー語のみ対応。
インプラント専門、矯正などそれぞれ分野がございますが、ななななななんと、
8月末まで歯のチェック、歯石取りは無料キャンペーン実施中!

散歩がてらでお邪魔したつもりですが、せっかくのチャンスだしやっておこう!!!p


もう、ここJAPNAですやん???
自動で椅子が動く、水が自動、医療器具も充実しており安心して受けられました(^_^)☆彡
ただ、虫歯が見つかったことがショックでしたが涙…
病院嫌いで歯石とりでさえ勇気が必要だったので、本日は治療は断念…。

あと、皆さん^^
ミャンマーの歯磨き粉に不安を抱えてらっしゃる方が多い(?)かもしれませんね。
色物は怖くて絶対に使えませんので、日本サンスターを愛用していましたが、先生おススメのインド製品(60,000チャット)を購入いたしました!歯の隅々までクリアになりましたよ~~~~♫♫♫

歯は第一印象で非常に重要な部分ですので、皆さんケアをしっかりしましょうね!!!

最後にクリニックの情報をお届けいたします!

************************************************************

TOKYO Dental Implant Clinic

Facebook Page : https://www.facebook.com/TOKYO-Dental-Implant-Clinic-313524185760953/

■Lanmadaw
No.(791),Second Floor,Corner of Phonegyi Road & Maha Bandoola Road,Lanmadaw Township,Yangon
TEL:09 771893141,09 967013717
※ 序盤の写真のとおりMaha Bandoola RoadのTEA THAILANDの上にございます。

■North Dagon
No.(1198),First Floor,Pin Lone Road,35th Quarter,North Dagon Township,Yangon
TEL:09 788402211, 09 967013717

************************************************************

それではまた次回!!!

ミャンマー人採用にお困りの企業様、ご質問・リクエストやご相談はご連絡ください!
ブックマーク・シェアをしていただければAcrossはヤンゴンのあらゆる道を横切ってあなたのもとまで走って行きます!!

okada@igc-myanmar.com
Office:+95-944115-2177

Personality:-The Second : Expression –

Hi, I’m Peeg from I.G.C. who eats again soon every time after losing even 1kg.

This time also I lost weight but already regained to the original one with binging at night of the next day. According to my boss, my weight scale showed error at the previous day.  Peeg is weak ‘cause I’ve started thinking that it would be right too.

By the way, this time I’d like to write about the second point of how to answer the questions about “Personality. That is “Expression“.

 

2.Expression:To be easy to understand by adding easy episodes

It often results in expression which cannot be discussed such as “Cheerful” and “Earnest” asking about your personality. If you say “My personality is to be earnest.”, there is much possibility that interviewers think only “Oh, I see”. In addition, there are no example and reliability.

Wherein, what I want you to do is to add easy episodes. For example, interviewers will be able to imagine about you if you express “My personality is to be earnest as Accountant in NGO project I join”. Moreover, if you add the detail actions and idea, it will increase persuasion.

How do you feel if you change from “My personality is to be earnest.” to “My personality is to be earnest as Accountant in NGO project I join.”? Don’t you think the content is more detail and it’s easier to express after only you change expression a little?

Interview is significant time for you to express your attraction. So let’s use a little ingenuity for making interviewers interested in you = want to listen to you more during it.

I will dispatch of information about other “SHU-KATSU” know – how.

You can contact below anytime if you have any question, request, something to discuss, and so on.
Contact:recruitment@igc-myanmar.com

I will oink happily(←) if you give “Bookmark” or “Share”♡♡

ようこそ、ミャンマーへ!!!

ミンガラーバー!!!
どうも、キャリアウーマン…という日はいつ来るのだろうか。Acrossです。
本格的に乾季に入り太陽の下を闊歩して、辛いことも楽しいことも全部受け止めてくれる。
そう、それが靴!!!!!!!!!

今日も何が起こるかワクワクワクワク….♪
スキップをしていると「アアッッッッッッ!!!バタンッ!!!」
立ちあがれ、ウ、ウーマン….涙
足下を見るとこのようにべろりんちょ。


ダウンタウンの商店にて12,000Ksで購入して1ヶ月も経っておりませんが、
やってくれました、This is Myanmar(笑)
こんなことも楽しく受け入れながら生きてます。
露店の靴職人に接着剤で直してもらいました。
1,000Ksで元通り!これで、またキャリアウーマン復活できる!!!

このように、ミャンマーは毎日なにが起こるかわかりません!

用例と致しましては、
■高熱,痺れで食中毒?腸チフス(初の体調不良)
■半日間の停電(インフラが整備されていない)
■3週間水道の修理をしてくれなかった(水難民…)
■空気感染でリンパにレベル30?のウイルス感染,注射からの点滴(恐怖のあまり泣いた)
■2軒隣の家に繋がる電線が燃えていた(生命の危機を感じたが無事でした)

でも、もっと楽しいことが待っています!

■ミャンマー人で今後良い友人関係を続けて生きたい素晴らしい友達ができた!
■なおかつ、その友人の結婚式に唯一の日本人として出席した。
■中華料理の激ウマローカルレストランを発見した(餃子がヤンゴンイチ絶品)
■まさかの、一人鍋が出来る店を発見した…。(恥ずかしくない)
■ミャンマー語を少しずつだがが習得している(周りのお陰…)
■暑くて痩せた(感激)

これ以上に楽しいことも日々待ち構えています!
日本では会えないような、在住日本人や外国人と会えるチャンスもいっぱいあります!

ミャンマーであなたも働いてみませんか?
今後、ミャンマーで働きたい日本人の方に向けて情報発信もして参ります!

Personality:-The First : Attitude-

မဂၤလာပါ။(Mingalarbar)!I’m Peeg from I.G.C., who’s makeup comes off easily because of weather heat.

Recently, Yangon’s also started getting hotter and hotter. Morning and night are chill but daytime is hot. So some people use parasols. These days I think it’s about time to repair the broken air-conditioner at my room.

Well, from this time, I will introduce the points for how to answer the questions about personality. This time, I will share you “Attitude” for answering its questions.

 

1.Attitude:Don’t decide from a subjective perspective

As I wrote in the previous time, you need a  “objective perspective” for answering the questions about personality (Ex: What kind of person are you? / How would you describe yourself (your personality)?, What is your personality told by the people around you?).

Interviewers cannot judge whether the personality is real or not by only your own = subjective perspective. Even if you think “My personality is ◯◯!” but people around you may not think so. For example, even if you think “I’m easily bored”, you might be thought as a “person with a great deal of curiosity” by people around you.

To avoid these gaps you need a  “objective perspective“.

Asking for opinions to people around you such as your friends and family enables you to not only increase your persuasion of how to answer but also understand your personality in a “objective perspective“. It will lead to understanding your new strong and weak points.

If that helps, it’s ok to tell your good aspect only if interviewers ask you about your personality. The important is to understand your personality objectively“.

It may be embarrassing for you to ask about your personality to people around you. But I recommend it for finding the job more suitable for you. Give it a try, please!
 

I will dispatch of information about other “SHU-KATSU” know – how.

You can contact below anytime if you have any question, request, something to discuss, and so on.
Contact:recruitment@igc-myanmar.com

I will oink happily(←) if you give “Bookmark” or “Share”♡♡

Personality: What does the company want to know about you?

Hi, it’s Peeg from I.G.C. who cannot stop not “shopping spree” but “eating spree”.

From April last year I’ve gained 10kg finally… The other day, I got longyi set as the birthday present from my colleague but that is too small to wear (←) I thought it’s a little bad, Water Festival is also coming, and I want to wear this longyi at new year, so I decided to lose weight! Everyday I declare “From today I lose weight” and fail, this time I’m serious. I will try getting back my previous body! Just do!

Well, my non-essential talk is over now, and from now I will move to the new topic “personality“, which is often asked as interview question.

 

What does the company want to know about you?

You may think “it’s a easy question” when you imagine the quetion about your personality. Certainly, it may be easier than the question of “Difficulty・Setback・Failure”, the previous series. However, it’s sufficient as the answer to tell just your personality that you think simply.

Why is only your opinion insufficient for the question about personality? I will solve this question this time.

 

Do you understand yourself from an objective perspective?

At all, what kind of qutsions about your personality will be asked? Let’s know the example questions about personality first.

<Quetions about Personality

  • What do you think about your personality?
  • What kind of person are you? / How would you describe yourself (your personality)?
  •  What is your personality told by the people around you?
  • Please tell the experiences which describe your personality.

Some people may notice already by looking at these. When you answer the question about “personality“, you need “objectivity” such as opinions from the people around you and your experience. In fact, it is the point for how to answer to include a objective perspective for even the first and second questions.
 

On the other hand, what do interviewers want to know by asking these questions? Here are the interviewer’s intention.

  • Want to know what kind person you are.
  • Want to know whether you can understand your self from an objective perspective.
  • Wnat to ask you as check when the contents of self-introduction (jiko PR) are different from the impression at interview.
  • Want to verify with the result of personality test (seikaku tekisei kensa).

 
The interviewers try to know whether you understand yourself from an objective perspective by asking your personality.

They cannot understand if you say “My personality is 〇〇!” from your subjective perspective. But, if you include an objective perspective such as opinions from friends and family and real experience, it’s easy for them to understand.

You can tell it’s not only for personality but also for your strong and weak points. If you don’t understand yourself from a objective perspective, you will face at mismatch in choosing a job. Mismatch bring only minus to you and a company.

For avoiding this, let’s prepare for answering by thinking your personality from not only a subjective perspective but also objective perspective.

From the next time, I will introduce the points of detail ways to answer the questions about personality.

I will dispatch of information about other “SHU-KATSU” know – how.

You can contact below anytime if you have any question, request, something to discuss, and so on.
Contact:recruitment@igc-myanmar.com

I will oink happily(←) if you give “Bookmark” or “Share”♡♡

性格:その4 まとめ

どうも、昨日から本格的にダイエットを始めたI.G.C.のPeegです。

一瞬高カロリーな食べ物に心奪われそうになりますが、(ちょっとつまむけど)心を鬼にしてそのようなものは食べてません!今週末にビザ更新のためタイに出国するため、若干不安はありますが、3日坊主にならないように頑張ります!

さて、今回は「性格」に関する質問の答え方のポイントについてまとめをしたいと思います。

質問の種類と意図

答え方のポイントのまとめに入る前に、まずは性格に関する質問がどのような内容でどのような面接官の意図が含まれているのかを復習しましょう。

性格に関する質問は下記のようなものが考えられます。

  • あなたの性格についてどう思いますか。
  • あなたはどんな性格ですか。
  • 周りの人からは、どんな性格だと言われますか。
  • あなたの性格を表す経験談を教えてください。

これらの質問をすることで面接官は以下のようなことを知りたいと思っています。

  • あなたがどんな人物なのかを知りたい。
  • 自分のことを客観的に見ることが出来ているかを知りたい。
  • 自己PRなどで話していることと面接時の印象が違う時に確認の意味で質問したい。
  • 性格適性検査の結果と照らし合わせたい。

面接官はあなたの性格について聞くことで、あなたが客観的に自分を理解しているのかどうかを知ろうとしています。それは主観的評価=自分による評価だけでは説得力がないのはもちろんのこと、自分を客観的に理解していないと仕事を選ぶ上でミスマッチが生じやすくなるからです。

ではこれらを踏まえた上で、答え方のポイントを整理していきましょう。

作成ポイント1.心構え:主観だけで判断しない

  • 性格に関する質問の答え方には「客観的な評価」が必要。
  • 自分だけの=主観的な考えだけでは、本当にその性格なのかは面接官は判断できない。
  • 友人や家族など自分の周りの人からの意見を聞く事で、答え方の説得力が増す 且つ 自分の性格客観的に知る事ができる。
  • 自分の良い面を伝える。

 

作成ポイント2.表現方法:簡単なエピソードを加えてわかりやすく

  • 「私は真面目な性格です」など、話題としては発展性のない表現しない。
  • 「参加しているNGOプロジェクトで会計係という真面目な性格」というような簡単なエピソードを加えると面接官もイメージしやすくなる。
  • さらに具体的な行動や考え方などを加えると説得力が増す。

 

作成ポイント3.客観的評価:自分だけの思い込みはNG

  • 伝えたい性格について、具体的なあなたの考え方行動=「具体例」を説明する。
  • 具体例だけでなく、「客観的評価」=周りの人(友人、大学の教授、家族など)からの評価も付け加えるとより説得力が増す。

どうでしたか。より自分に合った仕事を見つけるためにも、自分の性格について周りの人にも聞いてみてください!恥ずかしがらず、新しい自分の発見にも繋がるので是非トライしてみましょう。

「Peegの就活POINToink」では、面接時に聞かれる可能性のある質問をトピックに、あなたが面接でしっかりと面接官に自分をアピールできるような情報をお届けします。

もちろん、その他の就活ノウハウも発信して行きます!

ご質問・リクエストやご相談は下記までご連絡くださいね:)
お問い合わせ:recruitment@igc-myanmar.com

ブックマーク・シェアをしていただければPeegは嬉し鳴き(←)します♡

性格:その3 客観的評価

今日からダイエットを始めたI.G.C.Peegです(前も同じ様なことを書いた様な・・・)

朝、家から会社まで20分ほど歩いてきました!いやぁ、朝の空気は美味しい!でも最後は楽して、事務所までの階段(弊社は4階)はエレベータを使いました(笑)とはいえ、これをあと1ヶ月続ければ少しは落ちるはず!4月中旬の水かけ祭りまでには何とか痩せれるよう頑張ります!!

さて、今回は性格に関する質問の答え方の最後のポイント「客観的評価」について書きたいと思います。

 

3.客観的評価:自分だけの思い込みはNG

1つ目のポイント「心構え」でも書きましたが、自分だけの評価だけでは面接官はあなたを評価できません。自分だけ評価だけでは本当かどうか分からないからです。

面接官に納得してもらうためには、まず「具体例」が必要です。「真面目な性格」と答えるのであれば、なぜ真面目な性格と言えるのかの具体的なあなたの考え方行動を説明します。

そしてもう一つ欠かせないポイントが「客観的評価」です。自分だの評価に視点を絞らず、周りの人(友人、大学の教授、家族など)からの評価(例えば「友人からも◯◯な性格だねと言われることが多い」「家族からもよく言われる」)というような客観的評価も付け加えれるとより説得力が増します。

たった一言入れるだけで面接官への説得力は上がるので、是非トライしてみてください!

次回は性格に関する質問の答え方のまとめをしたいと思います。

「Peegの就活POINToink」では、面接時に聞かれる可能性のある質問をトピックに、あなたが面接でしっかりと面接官に自分をアピールできるような情報をお届けします。

もちろん、その他の就活ノウハウも発信して行きます!

ご質問・リクエストやご相談は下記までご連絡くださいね:)
お問い合わせ:recruitment@igc-myanmar.com

ブックマーク・シェアをしていただければPeegは嬉し鳴き(←)します♡

性格:その2 表現方法

毎回1kgでも痩せるとすぐにまた食べてしまう、どうもI.G.C.のPeegです。

今回もせっかく痩せたのに、翌日の夜にはドカ食いをしてまた元の体重に戻ってしまいました。ボス曰く、前日の体重計が誤表示だったのではないか、と言っていました。もはや、それもそれで間違いではないんじゃないかと思い始める弱いPeegです。

さて、今回は性格に関する質問の答え方の2つ目のポイントを紹介します。そのポイントとは「表現方法」です。

 

2.表現方法:簡単なエピソードを加えてわかりやすく

性格を聞かれるとどうしても「明るい」「まじめ」など、話題としては発展性のない表現になりがちです。「私は真面目な性格です」と言われても「あぁ、そうなんですね」で終わってしまう可能性大です。しかも具体例もなく信頼性もありません。

そこでやってみて欲しいのが、簡単なエピソードを加えることです。例えば、「参加しているNGOプロジェクトで会計係という真面目な性格」と言われたら、面接官もイメージしやすくなります。ここに、さらに具体的な行動や考え方などを加えると説得力が増します。

「私は真面目な性格です」から「参加しているNGOプロジェクトで会計係という真面目な性格」へ表現を変えてみるとどうでしょうか。少し表現を変えるだけで、内容が具体的になって、だいぶ相手に伝わりやすくなったと思いませんか。

面接はあなたの魅力を伝える大切な時間です。その時間で面接官があなたに興味を持ってくれる=あなたについてもっと話を聞きたくなる様にするためにも、ちょっとした工夫を試みてみましょう!

「Peegの就活POINToink」では、面接時に聞かれる可能性のある質問をトピックに、あなたが面接でしっかりと面接官に自分をアピールできるような情報をお届けします。

もちろん、その他の就活ノウハウも発信して行きます!

ご質問・リクエストやご相談は下記までご連絡くださいね:)
お問い合わせ:recruitment@igc-myanmar.com

ブックマーク・シェアをしていただければPeegは嬉し鳴き(←)します♡

性格:その1 心構え

ミンガラーバー!暑さのせいで化粧が取れやすくなってきた、I.G.C.のPeegです。

最近、ヤンゴンもじわじわと暑くなり始めました!朝晩はまだ涼しいのですが、日中は暑くて日傘をさし始めている人もちらほら。そろそろ、壊れてるエアコンを修理しないとまずいなぁと思い始めている今日この頃です。

さて、今回からは性格に関する質問の答え方のポイントを紹介していきます。今回はまず質問に答えるうえでの「心構え」について書きたいと思います。

1.心構え:主観だけで判断しない

前回のブログでも書きましが、性格に関する質問(例:あなたはどんな性格ですか、周りの人からは、どんな性格だと言われますか、など)の答え方には「客観的な評価」が必要になります。

自分だけの=主観的な考えだけでは、本当にその性格なのかは面接官は判断できません。あなたは「私は◯◯な性格です!」と思っていても、周りの人はそうは思わないということも大いにありえます。たとえば、自分では「飽きやすい」という性格だと思っていても周りの人からは「好奇心旺盛な人」と思われているかもしれません。

こうしたギャップを避けるためにも客観的な評価は必要になります。

友人や家族など自分の周りの人からの意見を聞く事で、答え方の説得力が増すのはもちろんのこと、自分の性格客観的に知る事ができます。それは、自分の新しい強みや弱みを理解する事にもつながります。

ちなみにですが、性格について聞かれたら、自分の良い面だけを伝えるだけで大丈夫だと思います。大切なことは、自分の性格客観的に捉える事です。

自分の性格について周りの人に聞く事は少し恥ずかしいかもしれないですが、より自分に合った仕事を見つけるためにも是非トライしてみてください!

「Peegの就活POINToink」では、面接時に聞かれる可能性のある質問をトピックに、あなたが面接でしっかりと面接官に自分をアピールできるような情報をお届けします。

もちろん、その他の就活ノウハウも発信して行きます!

ご質問・リクエストやご相談は下記までご連絡くださいね:)
お問い合わせ:recruitment@igc-myanmar.com

ブックマーク・シェアをしていただければPeegは嬉し鳴き(←)します♡

性格:企業はあなたの何を知りたいのか

最近、「爆買い」ならぬ「爆食い」が止まらない、どうもI.G.C.のPeegです。

昨年の4月からついに10kg太ってしまいした…(汗)この前、誕生日プレゼントに同僚からロンジーの上下セットをもらったのですが、今のPeegには到底入らないサイズでした(←)ちょっとマズいなと思い、水かけ祭りも近づいてきたし、新年にそのロンジーも着たいのでダイエットをしようと決めました!毎日「今日からダイエット」宣言して失敗してますが、今回は本気です。水かけ祭りまでに何がなんでも痩せようと思います!いや、痩せてみ(魅)せる!

さて、こんなPeegのどうしようもない話はここまでにして、今回からは面接で聞かれやすい質問「性格」について書いていきたいと思います。

 

企業はあなたの何を知りたいのか

あなたの性格についての質問と聞くと「なんだ、簡単な質問じゃん」と思う方も多いかと思います。確かに、前シリーズの「困難・挫折・失敗経験」に比べると簡単かもしれません。

しかし、ただ単に自分が思う自分の性格を話すだけでは、答え方としては実は足りないのが性格に関する質問です。

では、なぜ自分だけの考えでは足りないのか。今回はこの疑問を解決したいと思います。

 

客観的な視点を持って自分を理解しているか

そもそも、性格について具体的にはどんな質問がされるのでしょうか。性格について聞かれる質問例をまずは見てみましょう。

性格に関する質問>

  • あなたの性格についてどう思いますか。
  • あなたはどんな性格ですか。
  • 周りの人からは、どんな性格だと言われますか。
  • あなたの性格を表す経験談を教えてください。

ご覧いただいて気づいた方もいるかと思いますが、周りの人の意見や経験談など「客観性」が性格に関する質問に答えるときには必要になります。実際、1つ目と2つ目のような質問であっても、客観的な評価を入れることが答え方のポイントになります。

では、これらの質問をすることで面接官は何を知ろうとしているのでしょうか。その面接官の意図がコチラです。

  • あなたがどんな人物なのかを知りたい。
  • 自分のことを客観的に見ることが出来ているかを知りたい。
  • 自己PRなどで話していることと面接時の印象が違う時に確認の意味で質問したい。
  • 性格適性検査の結果と照らし合わせたい。

このように面接官はあなたの性格を聞くことで、あなたが客観的に自分を理解しているのかどうかを知ろうとしています。主観だけで「私の性格は〇〇です!」と言われても面接官はしっくりきません。それに対し、友人や家族の意見や実際の経験談など=客観的な視点があれば面接官も納得しやすくなります。

性格だけではありませんが、強みや弱みなど自分を客観的に理解していないと仕事を選ぶ上でミスマッチが生じやすくなります。ミスマッチが生じるとあなたにとっても企業に取ってもマイナスになってしまいますね。

そうならないためにも主観だけではなく、客観的な視点も含め、自分の性格を考えて答えられるようにしましょう。

次回からは性格に関する質問の具体的な答え方のポイントを紹介していきます!

「Peegの就活POINToink」では、面接時に聞かれる可能性のある質問をトピックに、あなたが面接でしっかりと面接官に自分をアピールできるような情報をお届けします。

もちろん、その他の就活ノウハウも発信して行きます!

ご質問・リクエストやご相談は下記までご連絡くださいね:)
お問い合わせ:recruitment@igc-myanmar.com

ブックマーク・シェアをしていただければPeegは嬉し鳴き(←)します♡♡